TODAY: YESTERDAY:
TOTAL:

Lesson7-1 〜一行掲示板を作る〜
■Lessonを終えると以下のようなPHPプログラムが作れます。


Lessonサンプル

まずは作業用のフォルダを作成しましょう。「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs」に「lesson7」というフォルダを作成してください。

■サンプルプログラム1

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson7」フォルダの中に「form.php」として保存しましょう。(※今回は「form.php」なので間違えないようにしましょう^^)

<html>
<head>
<title>一行掲示板</title>
</head>
<body>
<h1>一行掲示板</h1>
書き込む内容を入力してください。<hr>
<form name="form" action="./sample01.php" method="POST">
<input name="body" type="text" size="40">
<input type="submit" value="書込"><hr>
</form>
<?php
$data = file("./data.txt");
for($i=0; $i<sizeof($data); $i++){
print "記事NO.${i}:${data[$i]}<br>\n<hr>";
}

?>
</body>
</html>

■サンプルプログラム2

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson7」フォルダの中に「sample01.php」として保存しましょう。

<?php
$body = $_REQUEST["body"];
$body = $body."\n";
?><html>
<head>
<title>Sample01</title>
</head>
<body>
<?php
$fp = fopen("./data.txt","a");
fputs($fp,$body);
fclose($fp);

echo "書き込み完了<br>",
"<a href=\"./form.php\">戻る</a>";
?>
</body>
</html>

できましたら、ブラウザのアドレスに
http://localhost/lesson7/form.php」にアクセス!
ロリポップ!
さくらのレンタルサーバ
どのレンタルサーバー使ってる方はlocalhostのところはドメイン名になります。
(簡単に安くネットショップを開きたい方はこちら!)

さて、如何でしょうか?ちゃんと表示されましたでしょうか?

■解説1(form.php)

正直、解説することはほとんどありません。form.htmlだったのが、このページに書き込み内容を表示するためにform.phpにしたぐらいです。表示の解説はLesson6-2でやりましたね!

■解説2(sample01.php)

さて、こちらもLesson6-3でやったものと変わりません。なのであえて解説はしません。

さて、如何でしょうか?正直、味気ない一行掲示板ですが、これでもえらく感動した時を覚えています。あとは、CSSなんかを取り入れて綺麗にすれば結構変わってくるんですよ!全7回のレッスンでした。少しはPHPなるものがわかったのではないのでしょうか?SAMPLEページにある「日記アップロード」というプログラムは、ほとんど今までのLessonでやったことを利用しています。とりあえず、ここでLessonは終了にします。また、新しいLessonができるまでしばらくお待ちください。

 

このLessonが役に立った方は、1クリックお願いします!PHPランキング

■スポンサードリンク