TODAY: YESTERDAY:
TOTAL:

Lesson5-3 〜フォーム+forを使って処理しよう〜
■Lessonを終えると以下のようなPHPプログラムが作れます。


Lessonサンプル

■サンプルプログラム1

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson5」フォルダの中に「form.html」として保存しましょう。

<html>
<head>
<title>form</title>
</head>
<body>
何回ループさせマスカ?
<form name="form" action="./sample03.php" method="GET">
<input name="count" type="text" size="2" maxlength="2">
<input type="submit" value="ループ!!">
</form>
</body>
</html>

■サンプルプログラム2

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson5」フォルダの中に「sample03.php」として保存しましょう。

<?php
$count = $_REQUEST["count"];
?>
<html>
<head>
<title>Sample03</title>
</head>
<body>
<?php
print "${count}回ループします<hr>";
for($i=0; $i<$count; $i++){

print "${i}回目なんだよね〜<br>\n";
}

?>
<a href="./form.html">戻る</a>
</body>
</html>

できましたら、ブラウザのアドレスに
http://localhost/lesson5/form.html」にアクセス!
ロリポップ!
さくらのレンタルサーバ
などのレンタルサーバー使ってる方はlocalhostのところはドメイン名になります。
(簡単に安くネットショップを開きたい方はこちら!)

さて、如何でしょうか?ちゃんと表示されましたでしょうか?

■解説1

form.htmlのほうは、もう大丈夫ですよね。でも少しだけ解説させて下さい。

<input name="count" type="text" size="2" maxlength="2">

さてここですが、今回はテキストボックスにループ回数をいれてボタンを押すとソノ分の文字列が出力されます。あんまりデカイ数字を入れてしまうとサーバに負荷がかかりますので、maxlength="2"としてテキストボックスに入るバイト数は2バイトにしました。これで安心^^

■解説2

$count = $_REQUEST["count"];

まずは、ココ。form.htmlからデータを受け取って、$countに代入しています。

print "${count}回ループします<hr>";

何回ループするかを$countを使って出力してます。

for($i=0; $i<$count; $i++){

print "${i}回目なんだよね〜<br>\n";
}

さて、本題。forの()の中の、評価式$i<$countとすることでフォームで受け取った$countの間だけループすることが実現できます。{}(本体)には出力する文字列です。

ということで、これでループもマスターしました!!さて、次のLessonでは自作関数やPHPの関数を少しばかり説明したいと思うデス。

このLessonが役に立った方は、1クリックお願いします!PHPランキング

■スポンサードリンク