TODAY: YESTERDAY:
TOTAL:

Lesson3-2 〜フォームDe計算機〜
■Lessonを終えると以下のようなPHPプログラムが作れます。


Lessonサンプル

今回もファイルが2つあります。

■サンプルプログラム1

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson3」フォルダの中に「form2.html」として保存しましょう。

<html>
<head>
<title>フォームDe計算機</title>
</head>
<body>
<form name="form" action="./sample02.php" method="GET">
<input name="suji1" type="text">+
<input name="suji2" type="text">
<input type="submit" value="計算しちゃう!!">
</form>
</body>
</html>

■サンプルプログラム2

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson3」フォルダの中に「sample02.php」として保存しましょう。

<?php
$suji1 = $_REQUEST["suji1"];
$suji2 = $_REQUEST["suji2"];

?>
<html>
<head>
<title>Sample01</title>
</head>
<body>
答えは<b><?php print $suji1 + $suji2; ?></b>です。
</body>
</html>

できましたら、ブラウザのアドレスに
http://localhost/lesson3/form2.html」にアクセス!
ロリポップ!
さくらのレンタルサーバ
などのレンタルサーバー使ってる方はlocalhostのところはドメイン名になります。
(簡単に安くネットショップを開きたい方はこちら!)

さて、如何でしょうか?ちゃんと表示されましたでしょうか?

■解説 サンプルプログラム1

さて、今回はLesson3-1とほとんど同じです。フォームの数が1つ増えただけですね。計算は前のLessonでやっていますしね。でも、少しだけ説明入れさせていただきます。

<input name="suji1" type="text">+
<input name="suji2" type="text">

これは楽勝デスネ。テキストボックスを2つ作ってそれぞれ、suji1suji2という名前をつけています。これはあとあと受け取るときに必要なので必ずつけましょう。

■解説 サンプルプログラム2

え〜っと、こちらのほうですが、

$suji1 = $_REQUEST["suji1"];
$suji2 = $_REQUEST["suji2"];

これはフォームからの値を各変数に代入しています。

答えは<b><?php print $suji1 + $suji2; ?></b>です。

次は、計算をしなければいけないので、+演算子で$suji1と$suji2を足し算しています。<br></b>を使うことで太字にしています。

さて、今回はちょっとプログラムらしいことをやってしまいましたが、如何でしたか?そんなに難しくない!!楽しい!!とか、思っていただけたらもうあなたはPHPマスターです。次のLessonはまた基本に戻ってしまいますが、これももっと楽しくなるための勉強として身に着けていってください。

このLessonが役に立った方は、1クリックお願いします!PHPランキング

■スポンサードリンク