TODAY: YESTERDAY:
TOTAL:

Lesson3-1 〜フォームから変数を受け取る〜
■Lessonを終えると以下のようなPHPプログラムが作れます。


Lessonサンプル

え〜、Lesson1,2と大事なんですがあまりプログラムらしくないモノを書いてきたので(でも、プログラムです^^;)このへんで、「おぉ、コレはプログラムっぽい!!」ってのをちょっとやってみましょう。もし、ここで「よくわかんないなぁ」ってなってしまっても安心してください。まだ、ここは早いやと感じたならば、次のLessonにいきましょう!!

今回はファイルが2つあります。

まずは作業用のフォルダを作成しましょう。「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs」に「lesson3」というフォルダを作成してください。

■サンプルプログラム1

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson3」フォルダの中に「form.html」として保存しましょう。(※lesson2としないように注意してください)

<html>
<head>
<title>form</title>
</head>
<body>
<form name="form" action="./sample01.php" method="GET">
<input name="name" type="text">
<input type="submit" value="押す">
</form>
</body>
</html>

■サンプルプログラム2

テキストエディタに以下のように書き込んで、「lesson3」フォルダの中に「sample01.php」として保存しましょう。

<?php
$name = $_REQUEST["name"];
?>

<html>
<head>
<title>Sample01</title>
</head>
<body>
私の名前は<font color="#FF0000"><?php print $name; ?></font>です。
</body>
</html>

できましたら、ブラウザのアドレスに
http://localhost/lesson3/form.html」にアクセス!
ロリポップ!
さくらのレンタルサーバ
などのレンタルサーバー使ってる方はlocalhostのところはドメイン名になります。
(簡単に安くネットショップを開きたい方はこちら!)

さて、如何でしょうか?ちゃんと表示されましたでしょうか?

■解説 サンプルプログラム1

さて、どうですか!!ちょっとはプログラムっぽくなったのではないのでしょうか?私の昔話ですが、このプログラムを作って凄く、感動したのを今でも覚えています。「おぉ、オレいけるじゃん!!」って何度も叫びました。皆さんは如何でしたか?「動いた!!やった!!」っていう感動があればこの先なにがあっても大丈夫です。ちょっと興奮して前置きが長くなりましたが解説に入ります。

<form name="form" action="./sample01.php" method="GET">

この部分、<form>タグはHTMLなんであまり詳しくは説明しませんが、action属性にはサンプルプログラム2のsample01.phpに渡してます。method属性ですが、GETというのはaction属性で指定したURLに入力されたデータを付加して送信します。よく、検索エンジンなどでみられますね。

この部分 → name(テキストボックスの名前)=Tarou+Kimura(フォームに入力した部分)

<input name="name" type="text">

次にこの部分。テキストボックスを作っているわけですが、必ずname属性で名前をつけてあげてください。名前はなんでもいいです。このnameという名前のついたテキストボックスから文字列が送信されて、sample01.phpが受け取れるという仕組みです。

■解説 サンプルプログラム2

<?php
$name = $_REQUEST["name"];
?>

この部分ですが、$_REQUESTというPHPの組み込み関数です。こいつは、ブラウザから受け取った値。今回はGETで受けたフォームの値ですね。$_REQUEST[""]このダブルクオーテーションの中にはフォームの名前が入ります。つまり、「name」が入るわけですね。これでフォームの値が受け取れます。それを$nameという変数に代入しています。別に、$_REQUEST["name"]としても使えるのですが打つのめんどくさいですよね^^;

私の名前は<font color="#FF0000"><?php print $name; ?></font>です。

さて、ラスト。ここでは受け取った値をprint文を使って出力しているだけです。ただ出力するのもアレなんで、色をつけてみました。みなさんもHTMLの知識があると思いますので大きくしてみたりするとプログラムじゃないですけど、なんかイイですよ^^ 次は計算機でも作ってみましょう!!

このLessonが役に立った方は、1クリックお願いします!PHPランキング

■スポンサードリンク